世界の子育て研究所とは

コンセプトは

子供を通して世界を学び、もっと楽しく、ちょっと知的に子育てライフを楽しもう。

育児情報が常に先行する今だからこそ、「世界の中で子供を育てる」というおおらかな視点で、子供を育んでいくことの大切さを伝えられたら...、そんな思いでこのサイトを立ち上げました。

特集では、世界中の国々の、さまざまな育児&教育に関する話題、問題を掘り下げます。
世界各地の文化や慣習、家庭や教育の環境を国際比較しながら、多文化を子育てに生かせるよう、わかりやすくお伝えしたいと思っています。

さらに、連載やブログリンクを通して、世界各地に住む育児奮闘中のファミリーから、リアルタイムで「世界の子育て事情」をお届けします。

「世界の子育て研究所」の目指すところは

  • 世界の子育て事情を通して、さまざまな「価値観」を学ぶ楽しさを知ってほい。そして、子供も親も、誰と比べることなく、「広い世界で、自分の個性と可能性を信じて生きる」、ということの素晴らしさに気づいてほしいと考えています。
  • 身近な「育児」の問題を、世界に関心を広げながら考察することを提案。その上で、「子供たちをどう育てたいのか」「自分たちはどんな親になりたいのか」「これからどんな社会を作りたいのか」ということを、より広い視野で考えるきっかけになれば、と思っています。

どうして今、「世界の子育て」を学ぶのか

日本人の発想にない慣習・文化を知り、知恵を学ぶことは、子供にとっても、親にとっても、国際化が広がるこの現代社会において、生きるヒントになると考えます。

さらに、親自身が、さまざまな価値観を理解し、世界的な視野で子供の環境や未来を考えられるようになることが、本当に国際的な感覚を身につけた子供を育てることにつながる、そう考えています。

というと難しそうですが
とにかく、世界の育児事情は、驚きと発見の連続なのです!

日本の常識や価値観は見事に覆され、単純に驚いたり、感心したり...。

私自身、毎日、自分の子育てでいっぱい、いっぱいになることもたくさんあります。
次々と流れてくる新しい育児情報や、経験者のアドバイスに振り回されそうになることもあります。

でも、すこし、世界に目を向けて比較してみたりすると、意外なヒントがみつかったり、気持ちが楽になって、いままでストレスに感じていたことも、なんでもなく思えたりするのです。

考えてみれば、正しい価値観というものは、今所属している集団や、自分の立ち位置によって変わってくるのです。しかも、それらは時代によって変化していく。だからこそ、「これをしなきゃ」「これでなきゃ」なんて、「今だけの、そこだけの正しい価値観」にしばられるのではなく、もっとずっと大事なもの...かけがえのない「子供の個性」を、大切に伸ばしてあげる方法をゆっくりと探していきたいなと思うようになりました。

隣の家庭と比べて一喜一憂するよりも、たくさんの国々の子育てを学び、子供に合った、自分ができそうな育児法を探す方が、ずっと楽しく子どもと向き合っていけると思うから。

まずは一緒に、「世界の子育て」のぞいてみませんか?

「世界の子育て研究所」所長
山岡文絵
平成21年12月1日

世界の子育て研究所とは
世界の子育て情報募集中!
メガ★お母さんになろう!~海外で、仕事もプライベートも成功させたいあなたへ~
FumieのBlog〜多文化を人生のスパイスに〜
メルマガ登録