世界の子育て研究所所長 FumieのBlog 〜多文化を人生のスパイスに〜

仕事のこと、育児のこと、大好きなお酒と旅行、そしてそろそろ美容もね…

七五三

先日、娘と息子の七五三のお祝いをしました。

娘6歳、息子4歳。

計画したわけではなかったのですが、偶然同時にお祝いすることができました。

本来は七五三は11月15日に行われるものですが、
最近日本では、11月は寒いし、撮影が混雑するからと
時期を早めてお祝いするご家庭も多いようです。
友人は「撮影が安いから」と、8月に撮影だけ済ませてました(笑)。

海外に住んでいらっしゃる方々はどのようにお祝いするのかしら?
ぜひ教えてください。

お祝いとはいっても、衣装を借りたり、写真を撮ったり、晴れ着のまま神社に移動して参拝、さらにお食事・・・と、
飽きっぽい子どもたちにははっきり言って「試練」・・・。

写真館の方に聞いたところ、
絶対に着ものなんて着たくない~、お化粧嫌~!と大泣きされたり、
せっかく着付けしてもらっても、きついし重いしで、「脱ぎたい~!」とぐずられたりと
家族みんな笑顔で写真撮影・・って、実はものすごーく大変なのだとか。
(ヘアメイクのお姉さんの息子さんは、結局ぐずりっぱなしで撮影キャンセルしたらしいし・・・)

幸い、我が娘も息子は、自分で選んだ晴れ着を着て大はしゃぎ。
悪ふざけはするものの、ぐずることもなく、無事に撮影は終了。
神社で御祈祷していただくと、なぜか金メダルをもらい、さらに大喜び(笑)。

ちなみに、撮影は、画家のアトリエをイメージしたという、小さいけどかわいらしい写真館で行いました。
とってもアットホーム雰囲気で、1日1組ずつの撮影のため、
走り回ろうが、大騒ぎしようが
とくに周りに気を使う必要がなかったのでよかったのかも(笑)。

でも、着付けから、神社まで、ずっと(私に)写真を取られまくっていたので
「七五三、写真ばっかりで、もうこりごりだよ・・・」と言っていました(笑)。

私も子どもらと一緒に着物を着る機会はそうないだろうと思い、
亡き祖母の着物を借りておめかししてみました。

和服は苦手だったのですが、ようやくしっくりくる年齢に・・・。
背筋も伸びるし、立ち振る舞いまで変わる気がします。

これからは折に触れて着てみたいな・・・。

PA170557.JPG

絵馬には「がっこうにはいれますように」って書いてました(笑)





世界の子育て情報募集中!

コメントをする

投稿していただいた情報は、基本的にサイト内に掲載させていただきます。
ただし、コメントの内容で、編集部が不適切と判断した場合は掲載しない場合があります。特に、明らかに営業目的と思われるコメント、特定の個人や団体等を攻撃するコメント、人種差別と思われるコメントなどは、削除させていただきます。
また、掲載にあたり、誤字脱字等が明らかな場合は、送っていただいた方に断りなく修正することがあります。
掲載された情報・コメントの著作権は「世界の子育て研究所」に属し、加工・再利用させていただく場合があります。

コメントネーム
【必須】
メールアドレス
【必須】
URL
コメント内容

カテゴリー

月別

プロフィール

山岡文絵

山岡文絵Yamaoka Fumie

(株)Dear.Books代表取締役
宮城県仙台市出身
大学を卒業後、編集プロダクションに10年間勤務。さまざまなジャンルの雑誌、単行本、企業誌の企画・制作に携わる。

2008年、2人目の子どもの妊娠を機に独立。編集業の傍ら、イギリス留学や海外取材などを通して培った、海外ネットワークを活かし、海外の育児・教育に関する研究を続けている。

東京在住。2児の母。

世界の子育て研究所とは
世界の子育て情報募集中!
メガ★お母さんになろう!~海外で、仕事もプライベートも成功させたいあなたへ~
FumieのBlog〜多文化を人生のスパイスに〜
メルマガ登録