世界の子育て研究所所長 FumieのBlog 〜多文化を人生のスパイスに〜

仕事のこと、育児のこと、大好きなお酒と旅行、そしてそろそろ美容もね…

就学前健診に行ってきて思ったこと。

 娘は現在6歳。来年小学校に入学予定です。

先日「就学前健診」に行って来ました。

日本では、来年小学校に上がる幼児を対象に「就学前健診」が行われます。

通常は10~11月にかけて市役所から各家庭に通知が来て、最寄りの小学校(学区内小学校)で視覚・聴覚・歯科検診などを行うのです。これは、日本の法律で定められているので、すべての自治体で行われています。

まあ、結果からすると大したことはしないのですが、どんなことをするのかというと、

まず、体育館で受付を済ませると、すぐに保護者と子どもたちは別々に別れて並びます。
(正直、いきなり子どもと引き離されるので、ちょっとびっくりしました)


子どもたちは在校生のお兄さん・お姉さんに手をひかれ、さっさと校舎内に移動し、もろもろ検査をするようです。

保護者は体育館に残され、入学後の学校生活、給食の配慮といった説明を聞く、、、といった感じ。

 約1時間半ほどで子どもたちは検査を終了し戻ってきて解散です。

「誘導係」というプレートをつけた5年生のお兄ちゃんに手をひかれ、やや緊張気味に校舎に入っていく娘は、いつもよりすごく小さく見えました。

先月の運動会で、年少のお友達の手を引いて得意げに行進している娘をみた時には「ずいぶんと大きくなって・・」と涙したワタシでしたが、小学校で見る娘は、なんともはかなげで、幼く、「こんなに小さくてやっていけるのかしら」と不安で再び涙でした。

子育てというものは、子どもの成長とともに、手のかかる部分は減っていくけれど、心配事は増えていくものですね。

さて、実は私は、なぜ入学前のこのタイミングにこんな健診をするのだろう・・と不思議に思っていたのですが、最後までその理由はよくわからずじまいでしたね。

なぜ秋にやるの?なぜ頭から上の検査だけなの? なぜ保護者抜きなのか?とかね。

3歳児健診なんかは、内科検診や身長・体重など、体全体の検査や測定をするし、親の面談もある。
保育園の入園前健診もやはり内科検診が主。

全国には能力検査的なことをする学校もあるとか。もしや健常者かどうかをチェックするための健診ではなかろうかと疑ってみたり。。。。

不満というよりも、疑問。ちゃんと説明してほしいもんだ。

入学が決まったら、2月くらいに入学説明会があるのだとか。
そのときに同時に健診をしないのはなぜだろう・・ワーキングマザーとしては、何度も休みをとるのは大変だし、はなはだ疑問です。


海外では入学前どんなことをするでしょう。みなさま教えてください。

 


 

世界の子育て情報募集中!

コメントをする

投稿していただいた情報は、基本的にサイト内に掲載させていただきます。
ただし、コメントの内容で、編集部が不適切と判断した場合は掲載しない場合があります。特に、明らかに営業目的と思われるコメント、特定の個人や団体等を攻撃するコメント、人種差別と思われるコメントなどは、削除させていただきます。
また、掲載にあたり、誤字脱字等が明らかな場合は、送っていただいた方に断りなく修正することがあります。
掲載された情報・コメントの著作権は「世界の子育て研究所」に属し、加工・再利用させていただく場合があります。

コメントネーム
【必須】
メールアドレス
【必須】
URL
コメント内容

カテゴリー

月別

プロフィール

山岡文絵

山岡文絵Yamaoka Fumie

(株)Dear.Books代表取締役
宮城県仙台市出身
大学を卒業後、編集プロダクションに10年間勤務。さまざまなジャンルの雑誌、単行本、企業誌の企画・制作に携わる。

2008年、2人目の子どもの妊娠を機に独立。編集業の傍ら、イギリス留学や海外取材などを通して培った、海外ネットワークを活かし、海外の育児・教育に関する研究を続けている。

東京在住。2児の母。

世界の子育て研究所とは
世界の子育て情報募集中!
メガ★お母さんになろう!~海外で、仕事もプライベートも成功させたいあなたへ~
FumieのBlog〜多文化を人生のスパイスに〜
メルマガ登録